結婚記念日の正しい数え方

結婚記念日近くになると今年は何年目だったかと、確認したり数えませんか。数え始めるとややこしく、今回で何年目に入るのか、何周年なのか混乱してしまう人は多いようです。何周年という数え方は、何年経過したという意味になるので結婚した日から1年後が1周年と数えていきます。有名なのは25周年の「銀婚式」や50周年の「金婚式」ですが、15年目まで毎年「何々式」と名前がついています。なぜその名前なのかと意味を知ると面白いです。その記念日になんだものをパートナーにプレゼントしたり、共有するのもいいかも知れません。

相手に感謝の気持ちを伝える

結婚記念日に行うと良いことはいくつかあります。まずは、メッセージの交換です。1年に1回、日頃の感謝の気持ちを込めて、相手へ手紙を書くことをおすすめします。過ごしていくうちに、2人でいることが当たり前になり、感謝の気持ちが言えなくなっているかもしれません。そのため、改めて感謝の気持ちを伝える場を作るためにも、大事なことなのです。次に、いつもよりもちょっとした贅沢をすることです。普段は行うことのできないことをすることによって、結婚記念日がより特別な日として思えるようになります。2人でちょっとした贅沢の計画を立ててみることをおすすめします。

↑PAGE TOP